アスペルガー症候群の特徴 子供

アスペルガー症候群の子供の特徴をご存じですか?

 

 

少しまえまでは、社会での認識が不十分だったこともあり、本人はもとより、周りの大人も障害があることに気づかないで過ごしてきたという場合も少なくなく、通常は子供の成長過程で明らかになってきます。
アスペルガー症候群は、脳の機能障害の一つと言われており、子供の頃から特徴的な言動や行動があり、いくつかの問題を抱えています。

 

 

アスペルガー症候群の子供時代の特徴として見受けられるのは、

@友達の遊びに加われす、避けられてしまう。

A人にさわられたり、頭を撫でられたりすのを嫌う。
B集団行動が苦手でマイペース。
C何気なく言ったことで人を怒らせることが良くある。
D「それ」「あれ」と言われても理解できない。
E体を動かすスポーツやダンスが苦手。
Fスポーツや遊びのルールが分からない。
G偏食があり決まったものしか食べたがらない。
H字が下手など不器用。

 

 

アスペルガー症候群の人は、子供の頃から様々なこのような問題を抱えていることが多く、少し変わった子、わがままな子供と思われていることが少なくありません。

 

 

ですが、人は自分だけでは生きてはいけません。
その時々の状況によって良好な対人関係を築いていく必要があります。

 

 

相手の気持ちやその場の状況を察し、それと同時に自分の言動が周りの人にどのような印象を与えるのかを想像することは、対人関係を良好なものにするにはとても大切です。
多くの人は、成長に伴い自然と学び見つけていきますが、アスペルガー症候群の子供は、社会性を自然に習得することが困難です。

 

 

まだ、子供のうちなら社会性がなくても大目に見てもらえますが、大人になるとそうもいかなくなりますので早期に適切な治療法や対策をするようにしましょう。

 

 

アスペルガー症候群を改善!ASミラクルナビの詳細を見てみる >>