アスペルガー症候群の原因

アスペルガー症候群の原因はまだはっきり分かっていませんが、知的な障害がないのに変わった行動をとるアスペルガー症候群を含めた発達障害の場合は、親のしつけなどの育て方や愛情不足などが原因と誤解をされがちでした。

 

 

ですが、現在では親の育て方が原因でアスペルガー症候群が起こるという考え方ははっきりと否定されています。
しかしながら、発達障害において親をはじめとした周囲の人がどのように接すかは重要な問題です。

 

 

何故なら、接し方を間違えれば、二次障害を引き起こし、深刻な事態になることがあるからです。

 

 

どのような二次障害が現れるかはその人の性格や特性などによって個人差があり様々ですが、極端な例では、窃盗など反社会的行動を起こして、他人を傷つけてしまうこともあります。
また、活動意欲が失せてうつ病やひきこもりとなって現れ、教育も受けてないまま大人になって、就職が出来ない場合もあります。

 

 

そして、アスペルガー症候群などの発達障害で見られる行動や特有の考え方は脳機能の片寄りによって起こると言われています。
本人はわざとやっているわけではないということが周囲の人達には理解してもらいにくいのです。
また、発達障害は見た目からは分かりにくいうえに、出てくる症状も人によって違ってきます。

 

 

普通の人が簡単に出来ることが出来ないことで、「何故できないのか」と叱りつけられたりとそしりを受けたりすることもあれば、対人関係が上手く行かず、自分勝手のわがままなやっと思われたりすることもあるんですね。

 

 

そうなれば、いくら本人が頑張って努力しても周りから認められず、劣等感や疎外感、無力感を抱くようになり、その結果、自分を理解してくれない人達が許せなくなって、反社会行動を起こしたり、自分はいないほうがいいと気分が落ち込み、鬱状態になったりすると思われます。

 

 

いずれにしても、周囲の無理解が二次障害の引き金になるので、もし、あなたのお子さんがアスペルガー症候群なら尚のこと、早期に正しい接し方をすることが大切でしょう。

 

 

アスペルガーの原因と対策、改善の手順をお教えします!

 

アスペルガー症候群を改善!ASミラクルナビの詳細を見てみる >>